2019年6月6日木曜日

clcの新歌を鑑賞する。

(97/100)

預告篇から

「あああ前作の歌旋律を無視した
 詩を朗読するよな新曲なのね。また」

とおもって期待しなかったのだが。。

(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ- (ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-

凄いのキタ━(゚∀゚)━!ああああああ

一瞥しただけでわかる豪華な衣裳と舞台美術。
ようやく窮地を脱出した自信と安心感なのでしょ。

気概漲る映像と音。最盛期だった4分間の「分量多め」
を想起させる曲調と編曲。

班長おおすんひの歌聲が響く個所は感動する。
今までこの才能を立方体事務處は活用しなかったもんなあああ。

そんちゃんも抜群の歌唱なのだが今作でそれを披瀝する個所はなし。

映像美は紅と黒と白の描寫がすばらしく影のうつしかたもうまい。

うんびんが

最後に美の紅い文字と製作者名簿が流れる。

最後の1分間で曲調が起伏する展開も(・∀・)ナイス!

直言すれば欠点がない傑作でしょうね。
4分間まで尺を伸ばしたら100點だなあああ。


0 件のコメント:

コメントを投稿