2018年11月21日水曜日

へびーめたるを採點するその8

①LinkinPark(Faint)100/100

グランジの熱が合州國で徐徐にさがり暗い重いだけの音樂からグランジとラップの鱗片を

混入したハードロック樂團が次次あらわれた時期。その代表の顔がLinkinParkで日本でも非常に人氣があった。世界現象にもなった。しかし日本の音樂業界ではこういう音をつくる樂團を我(わたし)はみたことがない。


やはり日本は毆洲産の音に多く影響されているんだなああとおもう。
發賣する歌はすべて大當たりして音盤も4千か5千萬枚を世界でうりあげたよね。




②LinkinPark(Papercut)100/100


かれらの一作目、二作目の勢いはすさまじいものがあった。この當時、この音が
おしゃれ、最先端と言われどのくらいのかずの人たちに影響をあたえたのだろう?
とおもった。多くの人はこの斬新な音を衝撃だとおもったはづ。
合州國ではグランジの力が弱り始め、Likin park, Limp biskitz, Korn, Slipknot,のような
風変わりなへびーめたるが「おまえたち、もうグランジ飽きたでしょ?おれたちはあんな屑たちとはちがうよ★」みたいな顔で出てきましたね。(^_^;)




日本ではLimp buiskitz, kornは知名度低いがslipknot, likin parkはめたるファン以外になぜか好評、不思議な現象が起こった。めたる愛好家は【あいつらは
全然めたるじゃない!】の拒否反應。つまりどこの國でも流行にのせられやすい、ちょいと智能が低い男女が躍った。そういうことでしょうね。我(わたし)もLikinParkが
ハードロック、へびーめたるか?と言われると(;´・ω・)ウーン・・・とおもうが
この勢いと曲作りの才能には脱帽しますね。はい。





③LinkinPark(Wating for the end) 45/100
あのLikinParkが特色を捨てた!魂を賣った!と批難、不評だった音盤3作目。
たしかにこの音を聽くと( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄; アリャ? とおもうよね。
西洋の音樂家は作風を變化させると「おれたちは常に進化しているんだ!」
を口癖にするけど、そうかな?進化の【單語】をつかうと美しいことを言っているつもり

の自己暗示、もしくはただのいいわけだとおもうんだよね。




我(わたし)は日記を作製してうまく文をかけるときもあるしそうでないときもある。
駄文の日記をつくったとき我(わたし)はこれを「進化だ!」とは言わない。(^_^;)
そうでしょ。というわけでこの作品、かれらの才能が低下したのか氣氛が變化したのか
それとも今作はたまたま不調だったのか。これ以後勢いのある作風をかれらが
作ることはなくなったらしい。(」・ω・)」うー!



④Europe(war of kings) 34/100
amazon japanで酷評の最新作からの一曲。(;´・ω・)ウーン・・・酷い。
開始早早だるい演奏と暗い音で速攻停止凸\(´L_` )ポチットナ 推したくなる。
褒める個所あるかな?ないよね。めたるすきな和人にはまったく魅力ない音でしょ。


なんでこんな暗い音にするのかな?グランジ消滅してどのくらい時間たつのかかれらは
理解できないらしい。(●・∀-σ)σ【BAKAYARO−】 Europe解散したほうがよい。生きる恥。




⑤Cradle of filth(for your vular of detectaion)100/100
Biohazard1を實寫にしたらこなりますよを具現した作品。魔物を銃で撃つ美女。
燃えながら歩く屍體↓ちょっと(沙*・ω・)vワロス







しかも逃げる場所は森。(沙*・ω・)vワロス
爬う死体が女主人公を捕まえる演出など。映像監督天才でしょ。

(;つд⊂)ゴシゴシ (;つд⊂)ゴシゴシ |ω・`)じー ↑あれ jill valentineさん?
この映像の中でかのじょが藥草を拾う場面あったらわらえるのになあああ。




⑥Kameot(Liar liar) 94/100

Alissaちゃんが友情出演。かのじょは高音で唱うとじょうずだなあああ。
Arch enemyでは咆哮のみ。中音、高音で演出する個所があってもよいとおもう。

前任のAnjela Gosowはどなっているだけ。の意見がおおかったがありさちゃんは



この動畫で才女だと確信できるね。そういえばKAMELOTはEPICA婦人を出演させて
成功させた作品もあったな。

我(わたし)はかれらをだいすきで映像盤も音盤も買ったなあああ。
日本あまぞんでも評価は上上。和人の嗜好に合致した音だよね。




⑦within temptation and tarja turne(what about us) 100/100
この合作はめたるすきな人には夢のような作品でしょうね。曲も歌聲も合唱も
すべてが感動。開始早早たーやの聲を聽いたら目が(┯_┯) ウルルルルルする。
かのじょの耀きと魅力は不変。しかしなぜ映像がFallout4なのか?
Borderlandsにもにている。(沙*・ω・)vワロス




たーや注目個所なのだがwithin temptationは近年力作を続發で才能の
すごさにおどろく。この女團の駄作を聽いたことがない。おそるべし。( ˘・A・)


【加筆】へびーめたるを採點するその1

①Testament(rise up)100/100

キタ━(゚∀゚)━! !すごすぎ。我(わたし)のだすきなPractice what you preachの
再發賣歌のようだ。歌詞だけ変更したのかな?(^_^;) 
一度脱退したAlexが復活してから

最盛期の耀きを再現。かれらも離脱交替が激しくて迷走時期ながかったな。



激しい重いそして速い!これぞ金属音。るきるき★ じゃなくてRiseup Rise up
これだあああ~~~。終幕直前の歡客の應援が感動するね。うおおおおおお
( ;∀;) カンドーシタ




②Havoc(from cradle to the grave) 94/100
overkillがこの類の代表だが地下音樂扱いで大きく注目されることはなかったが
現在聽くとよいね。Death metal, Doom metalも同じように惡趣味なんて永く

言われたがまさかこれだけ人氣擴大する音になると誰も預想できなかったはづ。




Bp rania, Bonus Babyが宇宙小女級になるとは誰も考えないとおなじこと。
太鼓の音がすばらしいなああ。録音技師天才。 



③Epica(Martyr of the free world) 91/100









④Delain(suckerpunch) 99/100






非常に心地よい旋律で我(わたし)のすきな女團のひとつ。中間の演奏小節は
Nightwishにそっくり。現状のNightwishが(・ˇ_ˇ・。乂。・ˇ_ˇ・)だめだめだからなああ~~





⑥We are the fallen(bury me alive) 100/100
この歌が發賣されてもう7年間も経過するのか。Evanescenceから全樂器隊員が
脱退、そしてこの女團を結成。音も聲もEvanescenceそっくり。

我(わたし)が記事を讀だときAmyとぎたーの男が曲つくりで摩擦が幾度もあったらしい。分裂してもAmyだけのこったEvanescenceは力作を發表したので結果は悲惨と





言うほどではないのだろう。合州國でこういう暗い毆洲の音を出せる樂團は
珍しい。ぎたーの男の才能が突出している。





⑦Evanescence(what you want) 100/100
そしてAmy孃だけ殘こったEvanescence。King crimsonのような状態だな。(^_^;)
さて音はどうなることやらとおもったら合州國で猛威だったグランジとぱわーめたる
を合体させたような音。Evanescenceのころとは違う音だが秀作。




ぎたーも太鼓の音もSlipknotみたいだなああ==。この時期Slipknotが合州國で
めたるの帝王扱いだったので當然影響されるよね。



⑧Seether(Broken)99/100

Amyの戀人と言われたSeetherくんの動畫。我(わたし)は2009年前後合州國
に滞在していたのでこの類の音はなつかしいね。ぐらんじ、オルタネイティヴが
蔓延していた音樂業界。我(わたし)は全く夢中にならなかった。だがこのSeether




わるくないとおもったね。暗くて重くて美旋律のない量産型の紙屑グランジたちとは
ちょいと違う。再生回數が一億。(^_^;) さすがです。



「狂気の青い牡蠣を加筆」へびーめたるを鑑賞する5回目

①Amaranth(the nexus) 98/100





2013年に發賣されたSweden出身の男女團。この時期我(わたし)はKARA,TARA,
D-unit,Besiteに夢中だったのでへびーめたるには無關心だった。
ところが聽いてびっくり。とくに女聲がすばらしいね。
Disco musicとHeavy metalを合体させたような音。
さすが話題になるだけあるわああああ~~。映像はmetro last lightみたいでわらってしまう。(^_^;)



②Amaranthe(digital world)100/100

digital speed disco heavy metalと形容する音ではないでしょうか?
一時期こういう音が出現しては消滅して數年後再度現れる。を繰り返して
きたが主流になことはなかった。しかしついに時がきたのか?
とおもわせる力作。他の金属團も模倣しそうな預感。
速い!重い!かっこよい!の3拍子。゚(*゚∀゚艸)


作品名のとおり映像も淡い青色と近未來で昂奮度がたかい。

そして太鼓の機材はYAMAHA。(;´・ω・)ウーン・・・ やるじゃない。理解しているなああ==
(^(ェ)^*)うん!(^(ェ)^*)うん!

夢娘の全作品をすきな韓愛和男女たちはこれを拍手喝采でしょ。(ノ^∀^)ノ☆パチパチパチするはづ。(^(ェ)^*)うん!




③The song(72/100)
じゃんじゃんじゃん、じゃあああん。じゃんじゃんじゃああああん(*´∀`)♪

原曲はQueenのwe will rock you♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦ 
(´^д^`)ワロタ
拍手の音まで録音。( ゚∀゚)ハーハッハッハッハ!! 
感想欄に「Amaranthe氣が狂ったのか?」の意見に(´^д^`)ワロタ



④Amaranthe(maximaize)100/100


歌聲と歌唱旋律を強化した内容。數字重い音樂を破壊することなく
製作した傑作の續篇と形容できるホームラン2本目。
2種類の男聲とかのじょの聲が攪拌するとああ~~~かれらしい音だなと
感心する。

夢娘もこれと同じ程度重い音を作製したら再度韓流藝能界激震だろうなああ~~。
(;^ω^)




⑤Beast in black(Blind and frozen)100/100
すごいのキタ━(゚∀゚)━! 鬚坊主男が女聲を模倣して高音で歌唱。キタ━(゚∀゚)━!
そして中音を歌唱する個所は和人嗜好のきらきら旋律が炸裂。キタ━(゚∀゚)━!

開始直後はぴよぴよ鳴る電子音で(*´・д・)うん? とおもうが
すぐにざくざく進行するぎたーの音で キタ━ヽ(☆∀☆ )ノ━!!!と心躍る憎い展開★

Accept,  Amaranthe, Sonata arcticaを攪拌させたような作風で金属和人は必聽の
新團。(・ω・ノノ゛☆パチパチ 





基本の
ァァァァヽ(o`Д´o)ノァァァァ!! の叫び聲もちろん録音されています。松子ちゃん模倣

拍手喝采でしょ。(ノ^∀^)ノ☆パチパチパチ 



⑥Blue oyster cult(the reaper)100/100

金属音樂を永年聽いていると必ず目にする日本では知名度、人氣がない
2つの樂團の代表がこれともういつは「jethro tull ]
我(わたし)もこの人たちを看過したまま時間が流れてしまった。

しかし推薦欄に登場したので試聽。(「・ω・`)・・・ドレドレ (ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-
よいわでないか。團名から「黒い金曜日」のような音を想像したのだが

BOSTONから宇宙色を排除したような作風。特にぎたーーの音がそっくり。
そしてこの時代に溢れたよう歌唱と聲。

(´-ω-)ウム(-ω-`) すばらしい。曲の後半太鼓の演奏が愉快だな。頻繁に
ぱしーんぱしーんと手で扣く。爽快。( ゚∀゚)ハーハッハッハッハ!!
この太鼓男は英國で有名なのかな?