2018年3月11日日曜日

總集篇紅い寳石を鑑賞する

①Red Velvet(rookie) 44/100



前作(ロシアンルーレット)は歌名と内容の整合性がある秀作だった。
そしてきらきら感も装備して
非常に音樂番組が盛況だったね。AOAの絶頂期に近い空気。
しかし今作は奇抜を狙った作風がすべっているとおもう。歌詞名と内容が意思不明。
奇抜作風のDumbDumbを二回目を狙ったのでしょうか?

色彩はF(X)とSNSDの攪拌みたい。なんか褒める個所がないんだよねえええ。
音樂番組に出演したら我(わたし)の印象は變化するとおもう。CLCのように。
しかしSMTOWNはなんかね。危ないような氣氛が我(わたし)はするよねええええ。
日本の会社も大きくなると惡の自由民主党の後ろ楯と看板で商賣できる。民衆がばかだから★
なああんておもっているでしょ。それがSMTOWNにも訪れるのだろうなあああ。
近年駄作多いもんね。



②Red velvet(would you) 93/100


sm station第2幕。毎週凡作を發賣するだけなので新章とくぎらなくてもよいのでは?とおもって全然期待はしなかったが高級な歌劇のようで。すばらしい。美麗な聲が透明な空間をみたいしている錯覺。
供演者もSmstationの特色だが男の出演は効果ないね。
いつものように歌詞未装備、曲間短いが合唱する個所は感動する美しさというのか。
目が(┯_┯) ウルルルルルする。



③ぴーかーぶー預想篇
前奏を聽くとDIAの『手品女』を想起する。美しいぽんぽんと彈む音。
暗い映像もよい。弩を__(⌒(_ ´-ω・)▄︻┻┳══━ 撃つ
いえりちゃん、(沙*・ω・)vワロス





④LOOKを紹介篇

レコードが廻りながらかのじょたちの姿が映る映像がすてき★
この曲も好い感じ。おしゃれな音を作製するとSMTOWNは能力發揮するな。
韓國内外の有名作曲と契約しているからね。



⑤kingdom come紹介篇
こんな短い尺の動畫を複數出品されてもねええ~~~~~。感想かけないよね。
 表紙がかっこよいね。以上(;^ω^)





⑥(つд⊂)イナイ(つд⊂)イナイへ(゚∀゚へ)バァ~(77/100)

暗い諷刺が特徴。新歌は西洋人が監督したのかな?
ぴざを配達に來る男を儀式の生贄にしようと魂膽する5紅い娘の顔演戯が
鑑賞して愉快。

動畫終幕はいえりちゃんが男の手を拉っぱり悪魔が憑依した殘4娘から逃亡する
場面、あれはかのじょが月の光を浴びて覺醒した?そういうことかな?

預告篇を鑑賞したときは前奏からDIAの
『手品女』のようなきらきら音樂になるのかと推測したが
恒例のアフリカンリズム。(;´・ω・)ウーン・・・
どうもなあ~~~高揚感と昂奮度がない曲調。

夢拿捕娘のようにかっこよいハードロック歌のほうがこの映像に適當だとおもうんだよなあああ~~~。歌劇作風が韓流藝能で増えることは勸待するが活動歌としてどうよ?

映像はよいが歌がだめだね。


⑦惡い幼兒(88/100)

我(わたし)の嗜好では全然ないのだが見どころはたくさんあるよね。
まづ再生回數が凄い。(;^ω^)6400萬。。
そして男子が戀に落ちそうないえりちゃんの美貌。(´・_・)ウム(・_・`)
宇宙小女に加入したほうがよいのでは?

そして巨女じょいこちゃんが乳の谷間をみせつける。(´・_・)ウム(・_・`)
すばらしい★
(」`o´)」コー!(/`o´)/ラー! ヾ(`Д´*)ノ (#ノ`皿´)ノコラー!!!

うえんでぃーといえりちゃんに失禮だろおおおおおおおおおお。

しかしこの歌でただいまをするとはSMTOWN勇気あるなああ~~。それほど
自信があったのだろう。我(わたし)は一聽したときは『退屈だなああ~~
しかし預算をたくさんつかって豪華な作品になったよね★』の感想だった。

歌唱自慢のうんでいいーするぎはもう語ることはないのだが全5個人が合唱する
個所はすばらしいね。歌聲にも特徴あるし。(σ・∀・)σアルアル