2017年8月25日金曜日

銀河婦人のことも含めて夏の女團滑り大會


銀河婦人からがよん、ちゅんゆる離脱は!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?

と口から聲が出るほどびっくりしまたね。この驚きは8muses, SPICAの時と
感覺が似ている。spica姫は好評だった日本公演の直後だったからねえええ。

8musesは主役の「ゆえりん」離脱で我の心臓がとまるほどびっくり。
| ̄ω ̄、|グスン


あいかわず女團は男團と比較すると滑りの夏祭りを開催してわらえるのだが

じつは事務處の手法も原因だが最大の課題は韓愛地球人はおもに女子。
だから韓流女團が苦戰するのは自然の姿。

しかもさらに状況を困難にしているのが
韓國が公演型になってないから資金難に直面するという三重苦。

なので短期間に大當りを出したい思考になる。銀河婦人の場合は
確かに大當がでたのだが韓國内外で公演することができない。民衆が興味本位で
のぞいただけの不幸な結果に。| ̄ω ̄、|グスン

TWICEと101の登場で運命は前後に分かれましたね。前組みは不幸、後ろ組みは
まだまし。

101の成功後は民衆が歌手の個性と才能をみるように意識が變化したため

「あ!この歌手は可能性あるかも」と感じたら殘り歌手は歌、衣裳、舞蹈を再調整、
再確認すればよくなった。

韓國アイドルマスターがその好例でもしかのじょたちがTWICE前に登場したら

かくじつに民衆は無關心だったでしょ。ゆきか、そり、いえうん、じする、
個性の強い隊員が揃っている。それを韓愛和男たちが認知したため徐徐に

關心度が上昇。今回2回目の來日公演はかのじょたちの自信に直結したのでしょう。
非常に質の高い公演だった。

そして前組で罠にはまり脱出できないのがCLC. 鬼作風を捨て

季節外れの「あなたはどこ」で活動開始しかし10日間程度でやめ新歌「夏の口」

で再開。もうね。銀河婦人のように「そんちゃん」「おすひん」が脱退の
事件が起きてもおかしくないとおもう。(;^ω^)

罠にはまった時間が永いほど不利な状態をつくっているのがLABOUM,マツコちゃん。

宇宙小女、NCT127のように前作(不適當)
がだめだと判斷したらおもいきって全部とりかえる
決意がないと他の男女團も迷走するだろうなああ~とおもう夏なんだよねええ。我は