2017年5月29日月曜日

【徐徐に加筆】韓流團醜日本語歌特集

①AOA(短腰布)


ださい!優勝はこれ。まづ背後の絲で吊った銀球とそして紅い衣裳。昭和ですか?
よくこんなださい映像をつくろうと想ったよね。我(わたし)だったら恥ずかしくて
この圖案を他人にみせることできないなあ~~。製作者はよほどばかなのか、羞恥心の
單語をしらない人なのだろう。そして日本語に置換したおかげで演歌に聽こえる。(^_^;)
唖然。

②AOA(うおお==うお===戰鬥)



AOAのこれも一位候補になるほど酷いなあああ~~。AOAと歌の知名度をつかっても
再生回數が200萬しかないのは大失敗でしょ。日本人が音樂動畫をつくると才能ないなああああとおもうのは色彩だよね。韓國のような鮮明と魅力がない。
そして頭おかしいとおもうのが「韓流歌手に日本語をうたわせると認知度が擴大する」

と思考するねとうよ腦、ぱんちゃぱんちゃ男のような低い智能。曲の中半のじみんの
速口歌詞もきもわるい。すべてが底辺。これが日本藝能の力なんだよなあああ==。

この駄作を外に向かって發信しないでほしい。日本人として羞ずかしいわ。

③Apink(Brand new days)


AOAの日本語版と比較すると我(わたし)の顔が歪むほどの駄作ではないのだが
一切魅力がない凡作と評する。明らかに日本人作詞作曲したのだろうな~~~と
おもえる作風。素材を活用することも耀きを出すこともできない質の低い
日本藝能らしいなああ==

ハードロックめたる音樂が人氣だったころかれらが大きな事務處と契約する
内容は「一年に2枚もしくはそれ以上の音盤を製作する」という條件があったので
日本と契約したAPINK
も同じなのだろうなあああ==とおもう。【質はどうでもよから製作してください★】
の意向が日本事務處にあるため【短時間で作製しました。日本の庶民がばかだから買うでしょ★】
の思惑がはっきりみえる。歌手を應援したいから買うという姿勢が日本社会にあるから
質がどんどん下がるんだよなああ~~~惡循環。車、電気製品、家電製品は
質が高いものをのぞむくせにね。