2017年11月12日日曜日

『新歌加筆』EXID總集

①あ~~いえ~い 100點(´ー`*)ウンウン
表紙がかっこよい。我の愛のへりんちゃんが金髪。☆ヽ(最´∀`高)ノ★






②LIE(45/100)


話題作LIE。一聽しときはださいなとおもった。


特にLEがうたう個所。ぶーぶーうるさい編曲と相撲力士のようなつぶやき。(^_^.)

今まで才女のLEは脇役で歌唱をそるじとへりんに委任していた。

なので代表歌、AH YEAH, I feel good. up and downは聽きやすい名曲。

つまりかっこよい歌謡曲。

少しずつEXIDに妙な色がまじってしまったのが大成功のAH YEAH以降から。

當然あれだけ注目され傑作をつくってしまった後、次をどうするのか?

非常にまよう。再度同じ色でいくか。それとも違う曲調にするか。重壓がすごい。

どうしよう。どうしようと苦惱しながら決斷できずに發表してしまったかのような

HOT PINK. 

世間では「また同じ感じ?」 「ううーん中途半端な樂曲」

という70点80点のような評価。

わたしもどうもすきになれなかった。今までのかっこよさ、勢いが減少した感じ。

駄作が無名時代から一躍時の人になるまでいっさいなかった凄腕LEが在籍するEXID

それがここでとまったとおもったね。

事實LEと共同作業した人が

「up and down, ah yeahと比較すると販売や成績では奮わなかった。

わたしに責任が あるならいつでもEXIDから手を退く」と發言。

やはりかれもHOT PINK作製時には非常に重壓だったのでしょう。

そして更なる問題作。それがLIE。駄作に近い作風。

今まではLEと共同製作者がうまく意見を調整しながらつくった感じがあったのだが

音樂主導権が全部LEにうつりかのじょがやりたいようにつくった。そんな空氣。

なので歌姫のへりん、そるじの個所とLEが担當する歌が変調でひとつの歌になっていない。

さらにひどいのが『ハニ』と『じょんふぁ』がさらに別の個所を委任されている。

ひとつの歌が3班に分かれている酷い状態。(^_^.)

まさに迷曲 (^_^.)

偶然なのか 服装も個人ばらばらで統一感がない。短髪のへりんがにこにこ顔で

唱うところしか高評価をあげられない。



『あーいえーい』を公式動畫をそっくり再現しました。この雄姿はどこへいってしまったのだろう。(ToT)/~~~

③Exid(Rather day and night) 34/100點



預告篇から全然期待できなかった。やはりね。EXIDは韓愛和男たちが處女作から
みていた人も多いので最近のかのじょたちらしくない作風には熱さめた人も
いるでしょう。ああ~~(`・∀・)ノイェ-イ!までは勢いがあり、個性があり
商業色とは無縁な作風がすきだった。曲がかっこよかったね。しかし
今作も前作も他人に「これ、かっこよいよ。EXID!」と推薦することはできない。

なぜなら耀きがなく凡作程度だから。そるじ不在どうこうではなく「ああ、LEの
才能が涸れたのか」とおもってしまう。この歌じゃそるじを活用できないでしょ。
へりんは高音担當で奮鬥しているね。そこはよい。しかし髪型が。。( ̄◇ ̄;)


④EXID(cream) 88/100點

                               
 一聽しときは(;´・ω・)ウーン・・・ だったが複数回聽くと「わるくないな」とおもう。
 迷作LIEよりはすっきりした作風。弦樂器の音も鮮明。そして得意の管樂器の音もよい。



しかし氣になるのは大成功のああ===いええ===以降EXIDらしさが薄くなりEXIDも韓流女團の顔でなくなった。CPINKも力つきた感じで迷走。EXIDは今後どうなるか?
中國市場に媚びて日本活動のAOAのように迷走しそう。

↓海外公演。盛況ですなああああ。歌唱開始直後のそるじ婦人の歌聲にびびる。(;^ω^) 生演奏だとこの迷作でも魅力が出るな。(´-ω-)ウム(-ω-`)



我の空想愛人へりんが前列で主節を唱うと☆ヽ(最´∀`高)ノ★ね。



⑤CREAM78/100

最近さっぱり力強さも過去の榮光もないEXIDさん。このCREAM

歌、曲としてはわるくない水準だしおしゃれとはおもうのだが(」・ω・)」うー!

『あーいえ~~』以後はかのじょたちらしくない作品がつづきすっかり過去の人状態に。(;^ω^)

このLE單身が唱う姿や出している空気が「藝能界で慾を出さずのんびりやるわね。
競争につかれちゃった★」出ているんだよなああ~~~。

最新作の「昼よりも夜」の活動時どうでした?全く熱がなく世間は
「あ~~EXID新歌つくったのね。」でおわりだったでしょ。(;^ω^)

どうしちゃったのかな?かのじょたちは? APINKが「only one」を發賣したときと
酷似しているんだよね。「ああ~~こうじゃないよね」の世間の反応がそのまま
再生回數と成績に現れた。しかしAPINKが適正な色でヾ(〃゚ω゚)ノタダィマ☆した
新作「5」はすごかった。
こういう奇蹟の復活劇を我(わたし)たちはEXIDからみることできる日が來るのかな?


⑥作品集預告篇

作曲名が記載。そうなのか。今でもEXIDの永年の協力者韓國の虎男と供作。
しかし①曲目から (;´・ω・)ウーン・・・ こうじゃないよね。
編曲はおしゃれなのだが
LIE, CREAM, night rather than dayと類似の薫りで昂奮は低い。

3曲目はそるじの獨唱。さすがの歌聲だが音樂活動には不参加。人前に出るのが
怖い病気らしい。そして4曲目はじょんふぁの獨歌唱。これもよい。

しかしなああ~~~~。どうもこれじゃない樂曲とLEが主体で唱う曲つくりは
過去の耀きいっぱいだったかのじょたちの面影が全然ない。
AOAが勇敢男と歌劇作風をやめて熱が下がった状況に近い。
ァァァァヽ(o`Д´o)ノァァァァ!!





⑦DDD(70/100)

今作も良質だが昂奮度はない。の評価。
LEと供作した男が「熱い桃色」を作製したとき「じょんふぁ、はにの歌聲を考慮して
曲作りしている。」と語ったので 今作も「各隊員のために用意した小節を接着しました
★」で一体感がない歌に聽こえるんだよなああ~~~。

LEの呟き小節不要でしょ。(;^ω^)

とわいすの新作も製作者の發想は同じだとおもうのだがやはりここで才能と力量の差が
出るなとおもったね。

我(わたし)の假想妻第3号のへりんちゃんが唱う個所はさすがとおもう歌唱力。

じょんふぁが青い衣装で巨乳を自慢するところ以外は褒める個所ないね。(;^ω^)

我(わたし)の感想とは逆に再生回數の増加は勢いあるので世間では好評ですな。
EXIDつまらなああ~~~